アドウェイズがgumiへ出資、アジア圏スマホ市場への展開を加速

SHARE:

adways267_1スマートフォン向け広告プラットフォームなどを展開するアドウェイズがモバイルゲームを開発するgumiに出資することを2月5日に発表した。この出資によりアドウェイズはgumiの株式の一部、議決権所有割合1.0%を取得する。

アドウェイズはスマートフォンアプリ向け広告プラットフォーム「AppDriver」を国内外で展開している。gumiは自社で開発しているエンターテイメントコンテンツに加え、gumiの連結子会社であるエイリムにて開発した「ブレイブフロンティア」は、日本だけでなく国外でも人気のゲーム作品となっている。「ブレイブフロンティア」は、国内プレイヤー数が200万人を突破し、海外でもプレイヤー数が100万人を突破しているという。

01 02

アドウェイズは、海外スマートフォンアプリ市場へ展開するgumiとは将来的なシナジーが大きいと判断し、今回出資を行った。

アドウェイズは最近インモビジャパンとの業務提携や、日本のスタートアップ5社との提携などを発表している。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録