空中に浮遊するインタラクティブディスプレイ「AIRR Tablet」

SHARE:


AIRR

東京大学の石川奥教授が開発した「AIRR Tablet」は、再帰性反射シートを使って、空中にディスプレイを作り出そうというものだ。

「AIRR Tablet」は高速高輝度空中ディスプレイと高速3Dジェスチャー認識とで構成されている。空中ディスプレイの技術は、徳島大学が開発した「AIRR」と呼ばれる表示技術を用いている。

この空中ディスプレイに対し、石川奥研究室の開発した3次元空間内の対象を瞬時かつ低遅延で検出する高速ジェスチャー認識技術を用いて、空中映像を高速に操作することを可能にしている。

AIRRの表示技術は、光を入射方向に反射させる光学素子である、 再帰反射シートを用いて空中映像を形成する技術(※1)。AIRRで作られる空中映像は、 3次元空間内に実際の像となることから、 運動視差や眼の焦点調節も可能になり、 人にとって優しい次世代の3Dディスプレイとなるものと考えられているという。

以下はデモ映像だ。



(via The Bridge石川奥研究室)


※1 AIRR表示技術(Aerial Imaging by Retro-Reflection)

再帰反射を用いた空中映像の形成技術。入射した方向に光を反射する性質をもつ再帰反射シートを用いて、 レンズが像を結ぶような機能を実現している。