地図をウェブで立体表示できる「地理院地図3D」が公開、3Dプリンタで立体模型の出力も可能

SHARE:


cyberjapandata

国土地理院が、日本地図をブラウザ上で立体表示できるサイト「地理院地図3D」を公開した。サイトでは3Dの日本地図を様々な角度から閲覧できる。3Dデータもダウンロードでき、日本のさまざまな地形の立体模型を出力可能だ。

サイトで表示する地図データには、地理院地図から配信している地図データ(地理院タイル)と標高データ(標高タイル)を利用。作成したい範囲をマウスで選択し、サイトに表示されている「この地図を3Dで表示」ボタンをクリックすると3Dモデルが表示される。

3d map

地理院地図3Dは、Internet Explorer 11、Google Chrome、Firefox、Safariでの閲覧に対応している。

国土地理院は3Dの地形図が今後、社会資本の管理や防災業務をはじめ、学校教育等様々な場面で利用されることを期待している。

----------[AD]----------