中国のDSPスタートアップ「Avazu(艾維邑動)」がシリーズAラウンドで4,800万ドルを調達【ピックアップ】

SHARE:

avazu_featuredimage

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

数字广告解决方案提供商艾维邑动获得4800万美元A轮融资

上海に拠点を置くDSP(demand-side platform)スタートアップ「Avazu(艾維邑動)」が Gaorong Capital(高榕資本)、名前を明らかにしていないインターネット大企業某社、アメリカのインターネットファンドから4,800万ドルをシードAラウンドで調達した。

同社は Avazu DSP(RTB)、Avazu Tracking(広告効果測定)、Avazu Private Exchange(広告取引)の3つのプラットフォームを提供しており、これまでの北京・東京・アムステルダムに加え、ニューヨーク・ベルリン・ソウル・ロンドンにオフィスを開設する予定だ。

Google翻訳でざっくりと日本語にする

via Technode(動点科技)

<関連記事>

----------[AD]----------