香港大手証券会社曰く「もしWhatsAppが1兆9000億円なら、中華メッセージングWeChatは6兆円の価値があるぞ」【ピックアップ】

SHARE:

WeChat_-_The_new_way_to_connect

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

If WhatsApp Is Worth $19B, Then WeChat’s Worth “At Least $60B” Says CLSA 

facebookがメッセージングのWhatsAppを190億ドル(100円換算で約1兆9000億円)でお買い上げされたのは記憶に新しいですが、ここに来て世界メッセージング三国志の一角、中華の雄Tenecent軍が率いるWeChatの評価額が600億ドル(6兆円)は下らないという話題が出てきました。6兆円ですか。そうですか。

Crédit Lyonnais Securities Asiaは香港拠点の有力証券会社ですが、こちらの報告をかいつまみますと「評価額は350億ドルから640億ドルの間であり、WhatsAppはダウンロードあたり1ドルほどしか生み出しておらず、それに引き換えWeChatはモバイルゲームから広告、コマースにO2Oと様々なビジネスチャンスだらけ」で、今年には4億5000万ユーザーに到達するという美辞麗句が並んでおります。

若干文中の文言だけだと「?」もいくつかつきますが、肌感覚的には北米WhatsApp、中国WeChat、日本LINEという三国志が成立しておりましたので、ビジネスモデルが幅広い分WeChatに歩がある、といったところは納得できるのではないでしょうか。

Google日本語訳でざっくり読む

via TechCrunch

----------[AD]----------