インテルがヘルスケア関連のウェアラブル端末メーカー Basis Science を買収

SHARE:


basis-carbon-steel-edition

インテルが本日、健康情報のトラッキングを行うウェアラブルデバイスメーカーの Basic Sience を買収したことを発表した。買収価格は非公開だが、1億ドルから1億5000万ドルの間だと噂されている。

Basis Scienceは、「Nike FuelBand」や「UP by Jawbone」のような活動量、睡眠計といったヘルスケア系のウェアラブルデバイスを開発している。

インテルのCEO、Brian Krzanich氏は、今年のCESにおいて「インテルはもはやコンピュータチップだけの会社ではない」と語っていた。今回の買収は、デジタルヘルス、Internet of things、ファッション市場においてプロダクトをデザインし、販売しようというインテルのプランを後押しするものとなるだろう。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録