観客の感情や反応をリアルタイムでライブ演奏に反映させる、未来のリストバンド「Lightwave」

SHARE:

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録

Lightwave

リストバンド型のウェアラブルデバイスで、ライブパフォーマンスの楽しみ方が変わるかもしれない。

有名な女性iPad DJでもあるラナ・ジューンが始めたプロジェクト「Lightwave」は、このデバイスを身につけた観客の動きや体温、オーディオレベル等を読み取り、クラウド上へ送られ分析されたデータは視覚化され、リアルタイムにアーティストに知らせる。Lightwaveにはモーションセンサー、また体温・音声を感知するセンサーにネットワークに接続する機能が搭載されていると思われる。

これによってアーティストは、観客の感情や反応に基づいてライブ体験を即座にアレンジすることができるようになる。つまり、観客もアーティストも一体となってライブパフォーマンスを創りあげる事が可能になるのだ。


http://vimeo.com/88532813

ラナ・ジューンは、

「新しい種類のエクスペリエンス・データによって、ライブの雰囲気を形成する事が可能になり、ファンはアーティストとエモーショナルに繋がることができる。私達のビジョンは、大規模なパフォーマンスからスポーツイベント、カンファレンスまで、観客がどこにいようともその「ライブ・エクスペリエンス」と繋がったような気持ちにすることだ。」

と、Tumblrに述べている。

Lightwaveは、SXSW 2014でペプシが協賛する「バイオリアクティブ」コンサートで初披露され、今後も他のイベントで使われる予定だ。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録