スマホの通知を知らせてくれるアクセサリー「Lily」でリクルートもウェアラブルへ

SHARE:


lily top

3月25日〜26日の2日間、東京都内でウエラブル・デバイスをテーマにした国内初のイベント「Wearable Tech Expo 2014 in Tokyo」が開催された。

同イベント内においてリクルートテクノロジーズが開発中のウェアラブルデバイス「Lily」のお披露目を行った。Lilyはユーザが持っているスマートフォンをサポートするアクセサリーだ。

Lilyはスマートフォンと連携し、電話の着信やチャットメッセージを通知したり、付近の友人の存在を知らせたり、スマホの置き忘れを防ぐ機能を備えるようだ。

これまで発表されてきたリスト型のウェアラブルデバイスは、スマートバンドと呼ばれる「Pebble」や「Xperia™Style」、「GALAXY Gear」などのスマートウォッチか、「Nike FuelBand」や「UP by Jawbone」のような活動量、睡眠計のことを指すベーシックバンドと呼ばれるものに別れる。

lily product

スマートバンドは機能が多く付いているがそのほとんどはスマートフォンに備わっている機能のため使いどころが難しく、ベーシックバンドではデータを取得してスマートフォンに送信する機能などはついていたが、スマートフォンへの通知などを知らせる機能はなかった。

Lilyは機能数をかなり抑えて、これまでのリスト型ウェアラブルデバイスが取り組んでいなかった領域に取り組んでいるとも考えられる。スマートフォンへの通知をアクセサリーで知ることができる機能に便利さを感じる人がどれほどいるかはわからないが、Lilyのファッション性が高ければ、アクセサリー目的で購入するユーザはいるかもしれない。

Lilyだが、発売時期や商品化については未定となっているそうだ。Lilyを発表することで、リクルートが今後ハードウェアの開発にも取り組むつもりであることを示した、と考えられる。



----------[AD]----------