優れたデザインと機能性を両立させたペット用自動給餌器「PETLY」

SHARE:


20140208212217-petly_indie-main

RINNは優れたデザインかつ、わかりやすい操作性を実現させたペット用自動給餌器「PETLY」を開発した。現在、クラウドファンディングサイト「indiegogo」にて支援を募集している。キャンペーン価格で1台249ドルから入手できる。また、公式サイトでは1台29,500円で予約を受け付け中だ。

従来のペット用自動給餌器に比べ、シンプルでスタイリッシュなデザインが特徴となっている。1日4回まで、ストックされたペットフードをタイマーによって自動で下部のトレイに排出する仕組み。

ボタンやダイアルによって簡単に設定ができるという。最大容量は1000gで、1kg袋のペットフードをまるまるストックすることが可能だ。5g単位で最大50gまで、細かな量を調整しての給餌をすることができる。単一電池4本で駆動するので停電の時も安心だ。

貯蔵タンク部分とトレイは取り外して水洗いが可能なため、清潔を維持できる。ペットフードの臭いも漏れにくい構造になっているとのこと。また、ペットがいたずらして倒すことがないよう、低重心で倒れにくい設計がされている。製造は日本の老舗家電メーカーに委託しているとのことで、高品質であることをアピールしている。

「PETLY」は一般的な自動給餌器に比べ若干割高ではあるが、自動給餌器を購入する際に機能だけではなくデザインによる選択肢が増えることは喜ばしいことだろう。