若くしてベンチャーキャピタリストになるべきか【ピックアップ】

SHARE:

9308003847_1fbc8c467c_z

Image by Flickr

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

Fred Wilson Is Wrong, It’s Great To Be A Young VC

極めて特定カテゴリ、というかベンチャーキャピタル従事者向けの「年齢とキャリア」に関する大変興味深いインタビューと寄稿合戦です。

登場人物は大御所ユニオン・スクエアベンチャーのフレッド・ウィルソン氏(52歳)と新進気鋭のローゼンバーグ・ベンチャーズのマイク・ローゼンバーグ氏(29歳)のお二人。フレッド氏はこのベンチャーキャピタルという仕事は「年取ったベテランのもの」という考えを持っており、それに対してマイク氏が「いやいやちょっとまってよおじさん」と寄稿で自分の考えを示しております。

フレッド氏に対するBusiness Insiderのインタビューが発端なのですが、この中でフレッド氏はジーン・クライナー氏とトム・パーキンス氏(クライナー・パーキンス)、ベン・ホロウィッツ氏やマーク・アンドリーセン氏(アンドリーセン・ホロウィッツ)らの名前を懐かしそうに挙げ、「別に若手(学校出てすぐ)のキャピタリストがダメなワケじゃないけど、やっぱり(大物たちがそうであったように)20代や30代は起業家として過ごし、勉強してから40代や50代でこの仕事に取りかかるべきじゃ」というような考えを披露されております。

いやあ、これは国内でも同じような考えの方、いるんじゃないでしょうか。

一方でBusiness Insiderによってやり玉に挙げられたマイク氏は寄稿の中で、自分たちがどうやってVCを運営してきたかという道のりと若手ベンチャーキャピタリストである利点をまとめることで、大物の考えに反論しております。

読んでて面白いですのでぜひ興味ある方は元記事を。特にシードにアクセスしやすいというのは国内のANRIやSkyland Venturesなどをみても同じような印象はあります。年齢や共感って経験じゃない部分でもありますからね。

ちなみにマイク氏の運営するローゼンバーグ・ベンチャーズはSoMa拠点で50社ほどのポートフォリオを所有、現在2号ファンドを運用中。こういうとこに出てくるだけあってしっかりしてます。

Google翻訳でざっくり読む

via Business Insider

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録