SXSWで注目を集めた、5つのヘルステック関連のスタートアップ【ピックアップ】

SHARE:

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

The 5 hottest health-tech startups at SXSW

今年もテキサス州オースティンにてSXSWが開催されました。SXSWには、フィットネスデバイスのスタートアップなど様々なヘルスケア分野のスタートアップも参加しました。VentureBeatの記者Christina Farr氏は、数多くのヘルステックスタートアップの中から、5つの注目のスタートアップを紹介しています。

ThriveOn

スクリーンショット 2014-04-08 9.18.45

RockHealth出身のスタートアップで、メンタルヘルス向上サービスを提供しています。ThriveOnはカレッジや大学では特に人気があり、約30の大学と提携しています。最近ではストレスや不安症のための新しいサービス開発のために、アメリカ国立衛生研究所から助成金を受賞するなどしています。

Cuff

cuff
Cuffは宝石やアクセサリーのようなウェアラブルデバイス。家族や友達など、親しい人が近くにいるときにアラートを送ってくれるソーシャルデバイスです。価格は50ドル〜150ドルで、様々なデザインのデバイスを販売しています。

TumorPaint

jimo-picture

TumorPaintは、外科医ががんなどの悪性腫瘍と良性腫瘍を区別するのをサポートする技術を提供しています。すでに犬などの動物のがん手術で結果をだしており、獣医に人気があります。今後は人間のがん手術での実用化を目指しています。

Pristine

スクリーンショット 2014-04-08 9.22.09

遠隔医療のための、Googleグラスのアプリを提供しています。EyeSightは緊急時にGoogleグラスを医療スタッフが着用し使用するアプリ。これによりスタッフは遠隔で医師の指示を受けながら、患者に処置を行えるようになります。

23andMe

日本でも広く知られている、遺伝子検査キットです。99米ドルで複数の遺伝子を検査できるということで注目されています。

Google翻訳でざっくり読む

via Venture Beat