ロボットのデザインと製造の手法が変わる?MITが30ドル以下でペーパーロボットを作る方法を開発

SHARE:


Printable_robots_01

MITと、ペンシルバニア大学、ハーバード大学による開発チームが、30ドル以下のコストでペーパーロボットを作る方法を開発した。これは「National Science Foundation(NSF、アメリカ国立科学財団)」が立ち上げた、デスクトップ上の技術を開発し、だれでもものの数時間でロボットを作ることができるようにすることを目的としたプロジェクトだ。チームリーダーはMIT教授のDaniela Rus氏が務めている。



ペンシルバニア大学のチームを率いるVijay Kumar教授は、

デスクトップ上の技術を発達させ、ラピッドデザインや生産が可能になれば、高校での科学技術の教え方が変わります。

とコメントしており、ハーバード大学のRob Wood准教授は以下のようにコメントしている。

このプロジェクトは、多様の便利なロボットたちを開発する時間を劇的に削減することを目的とし、製造、教育、パーソナライズヘルスケア、そして防災などの領域における、潜在的なアプリケーションの可能性を模索しているのです。

様々な技術の発達により、デスクトップで可能になることが増加している。もうしばらくしたら、ロボットを作ることすらも一般化していくのかもしれない。

via MIT

----------[AD]----------