スポーツ科学者をサポートするセンサー付きの極薄のインソール「OpenGo science」

SHARE:


opengoscience

これまでに道案内をしてくれるソールや、運動データをトラッキングしてくれるソールなどを紹介してきた。今回は、ドイツの Moticon によって開発されたセンサーを備えた極薄のインソール「OpenGo science」を紹介する。

「OpenGo science」は、スポーツサイエンティストに対して、靴やその靴を履いている人のデータを集めて知らせるツールだ。このインソールを靴に入れると、重量配分、モーションパターン、足の温度などを計測してくれる。集めたデータはUSBでコンピュータへと送ることができる。

opengoscience2

「OpenGo science」は、スポーツ科学にはもちろん、リハビリテーションやトレーニングの分析などにも用いることができる。センサーを備えたウェアラブルデバイスは、汎用的な使い方よりも特化した活用の仕方も増えそうだ。


http://youtu.be/9-qUNTxMQCg

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録