素材サービス「ピクスタ」の動画投稿数が30万点突破、2010年からの累計売上げも1億円に 【ピックアップ】

SHARE:

image

【ピックアップ】は世界のテク系スタートアップの資金調達やトレンド記事を概要と共にお届けします

2014年は動画元年! 動画素材の売上高累計1億円超、購入数は11倍に ~急成長する動画広告、素材需要加速で動画素材投稿数も30万点突破~ 

私が密かに注目しているカテゴリに、クラウドソーシングと素材制作を組み合わせたものがあります。

最近ではViibarが3億円調達という話もありましたし、先頃デビューしたCrevoもアニメーションに特化することで、効率的な動画素材を提供することに成功しております。相性いいんですよね。

それぞれクオリティも高く、コストとのバランスが取れていることから、今後の参入も増えるのでは…と思っていた矢先、えらいベテランがそもそもそこにいらっしゃいました。ピクスタです。

リリースによりますと、2010年から開始している動画素材の投稿数は30万点を突破、購入者数も開始当初から比べて11倍、売上げは累計で1億円を突破しているとのこと。さすが。

もちろんこちらは「動画素材」で、ViibarやCrevoといった「依頼に基づいたオリジナル動画制作」とは違う商品ですが、それでも伸びていることは事実。

動画元年という言葉はなんだか2005年のYouTube出現の頃から言われ続けているような気もしますが、いよいよ本当に動画がやってくるのかもしれません。

via PIXTA