シンガポールの短編映画プラットフォーム「Viddsee」の視聴ユーザ数が500万人を突破、ハイライト紹介サイト「Viddsee Buzz」がリリース

SHARE:

viddsee-620x344

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

シンガポールのスタートアップ Viddsee は、アジアの短編映画を紹介するオンライン・プラットフォームだ。今週、同社は2013年2月のローンチ以降、ユニーク視聴ユーザが500万人を突破したと発表した。また、公開された短編映画のハイライトを編集し、それを紹介できるブログ・ニュースの形式で紹介できる Viddsee Buzz を立ち上げた。

Viddsee はアジアの短編映画を世界中の視聴者に届けることを目指しており、ここからのさらなる展開が楽しみだ。アニメ、マンガ、コスプレを紹介する Tokyo Otaku Mode に代表されるスタートアップのように、広いファン層から収益を上げられるジャンルではないだろうが、アジアの映画を探求したい人々は少なくないはずで、インターネット上に Viddsee のような集約サイトが存在するのはよいことだ。

Viddsee はこれまでのところ、Facebook ファンページで42,000人以上から熱烈なフォローを獲得しているが、この成長は概ね、広告などのプロモーションによらないものだ。

Viddsee で取り上げられているビデオチャンネルの多くは地域にフォーカスしており、慶応大学メディアデザイン研究科(KMD)のポータルサイト「Node」の映画を取り上げたチャンネル「Node Japan」もその一つである。

----------[AD]----------