タワレコが年間3000の音楽イベント物販でSquareをPOSレジとして利用開始

SHARE:

タワーレコード株式会社がCDやDVD販売を担当するライブやコンサート会場において、SquareをPOSレジとして導入した。タワーレコードは首都圏を中心にライブやコンサートなど年間3,000ほどの会場でCDやDVDの販売を行っており、これらの会場でSquareが利用されることになる。

タワーレコードではSquareを導入することにより、低コストに、現金での支払いと同程度の時間でのクレジットカード決済の導入が可能となった。事前にPOSレジアプリ「Square レジ」に商品を登録し、バーコードスキャナおよびプリンターとセットで利用することで、リアルタイムで商品ごとの売上状況も把握できるようになる。

今回のSquareの導入にあたり、タワーレコードは日本国内では初めてSquareのAPI「Square Connect」を利用。「Square Connect」は、売上や手数料などのSquareレジに記録されているデータを抽出するためのAPIだ。

squareup

タワーレコード株式会社店舗運営本部の高橋雄也氏は、

「昨年から数回Squareを試験的に利用したところお客様に大変好評だったため、今回イベントで使用するPOSレジとして全面導入することを決めました。アルバイトの販売スタッフに使い方を教えるのも他のモバイル POSレジのトレーニングに比べて半分程度の15分で済んでいます。

Squareを導入後、現金の持ち合わせがないけれど商品を買いたいというお客様が増え、売上も10%程度増えました。まずは渋谷店が担当しているイベントを皮切りに、難波店など全国で利用を拡大していきたいと考えています。」

とコメントしている。

----------[AD]----------