カスタマーサポート・ソリューションのZendeskが、シンガポールの同業スタートアップZopimを約3,000万ドルで買収

SHARE:

zopim-zendesk_featuredimage

Zopim はシンガポールのスタートアップで、ウェブサイトにウィジェットを貼付けるだけで、ライブチャット形式のユーザ向けカスタマーサポート機能を提供してくれる。このしくみを採用したウェブサービスでは、カスタマーサポート担当者はパソコンの前に張り付いていなくても、SMS やメッセンジャーを使って、外出先からユーザの質問に答えられる。

昨日、サンフランシスコを拠点に、同じくカスタマーサポート向けのウェブソリューションを提供する ZendeskZopim の買収を発表した。買収金額は2,980万ドル(約30億円)で、Tech in Asia の報道によれば、1,590万ドル(約16.1億円)は現金前払、500万ドル(約5億円)は普通株式、残りの1,390万ドル(約14億円)は今後数年間に渡って支払われる。また、Zopim の現社員はそのまま勤務を続けるとのことだ。

masaru-yoski-visits-zopim
写真手前左が共同創業者で CEO の Royston Tay。
そのほか、赤松洋介氏(中央)、筆者(手前右)とZopimのチーム。

上の写真は2010年秋、ツイキャスの赤松洋介氏(当時はツイキャスを手がけるモイ株式会社はまだ無く、その前身であるサイドフィードを経営)と共に、シンガポールにある Zopim のオフィスを訪れたときのものだ。この当時はシンガポール国立大学(NUS)のインキュベーション施設に入居していた彼らだが、従業員数も増え移転したようなので、近日中に新しいオフィスを訪問してみたい。なお、Zopim は日本でも代理店を通じてローカライズされたサービスが提供されている。

Zendesk は先頃、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に1.5億ドル(約152億円)規模での上場を発表した。上場後の取引値にもよるが、少なくとも Zendesk は Zopim の買収に要するコストの約2割を市場からの調達で賄えることになる。Zendesk は昨年の日本市場進出東京オフィスの開設と順風満帆な動きを見せているが、Zopim というアジアに強いスタートアップを手中に収め、Zendesk 自身のアジア展開についてもどう影響を及ぼすのか、近いうちにインタビューしてみようと思う。

----------[AD]----------