筋肉の電気信号を利用して10通りの動きを操作できる義手「DEKA Arm System」の販売が承認

SHARE:


deka_arm_gen3

装着者の筋肉からの電気信号を利用して、10通りの動きを操作できる義手「DEKA Arm System」の販売が、米国食品医薬品局(FDA)に承認された。

開発したのはセグウェイの開発者が設立した企業で、「DEKA Arm System」はDARPA(Defense Advanced Research Projects Agency:国防高等研究計画局)の支援を受けて開発された。

この義手は装着者の腕に取り付けられた電極が、筋肉の収縮を感知してプロセッサに信号を送信する。プロセッサは筋肉の電気信号を、腕と手が行うべき動きに翻訳して義手を動かす。

deka_arm

FDAは臨床試験の結果を以下のように報告している。

「参加者の90%が、鍵と錠の利用、食事の準備、食事、ファスナーの開け閉め、ブラシやクシの使用など、これまでの義手ではできない行動を、DEKA Arm Systemを使うことで遂行できた。この義手は、肘関節や手関節から失われた手には対応できない。」

以前、3Dプリンターで出力された外骨格で、下半身麻痺の女性が歩けるようになった事例を紹介した。こうした技術の発展すれば、再び活動が可能になる人は増えるだろう。



Photo:DEKA prosthetic arm