メイカーズコマースサイトを運営しているシカゴのInventablesが、アメリカ50州の公共図書館に3Dカッターを寄贈

SHARE:

Inventables  The Hardware Store for Designers

<ピックアップ>Inventables to donate machines to U.S. libraries – Blue Sky Innovation

シカゴを拠点に、メイカーズのためにハードウェアや部品を販売するサービスを運営しているInventablesが、アメリカ全50州の公共図書館とメイカースペースに3Dカッターを寄贈するそうです。

3Dプリンタやレーザーカッターを使った取り組みの認知が広がってきているとはいえ、まだまだ使える場所が多くないのが課題ですが、こういった取り組みをきっかけに広がりを見せそうです。先日も、慶応大学が大学内に本格的なファブリケーションのためのスペース「Fabspace」を開設したとリリースしましたが、もっと気軽に利用できる環境ができることで、新しいものづくりの機会が広がるかもしれませんね。

via Chicago tribune【Google翻訳】

----------[AD]----------