イベント管理サービス「Peatix」のチケット流通総額が15億円を突破、イベント主催者をサポートする機能も続々と

SHARE:

peatix

イベント管理サービスを提供するPeatixのチケット流通総額が15億円を突破した。「Peatix」は2011年5月にサービスを開始し、今月で3周年を迎える。現在、日本、アメリカ、シンガポール市場でサービスを展開しており、累計イベント参加者数は50万人以上、開催イベントは2万件以上となっている。

先日、本誌でもその取り組みを紹介したが、「Peatix」の成長速度は早い。2012年から2013年は、流通額で約3倍のペース、参加者数ベースで約4倍のペースで成長している。特に成長しているのはシンガポールを中心としたアジア市場。エンタメ・カルチャー系のイベントを中心に、常時200以上のイベントでPeatixが利用されているという。

peatix graph

Peatixは、今回のリリースに合わせて、掲載イベントの検索機能をリリースしている。Peatix上のイベント名や地域、カテゴリによってイベントを検索できるようになった。

peatix search

Peatixはイベント主催者の集客を助ける「ソーシャル拡散プログラム」を4月にリリースしており、今後イベント主催者とイベントスポンサーをマッチングする広告プログラム「Peatixイベントアド」を提供予定だという。

これらの他にも、Peatixはチケット購入者向けのサポート機能の強化や、パーソナルレコメンデーションサービスなども随時していくリリース予定だ。

----------[AD]----------