1年間で3.6億ドル。ソフトウェアで再定義される物流・サプライチェーンは今ホットな投資領域

SHARE:

2829985075_3812e5c539_z

Image by Flikcr

<ピックアップ> Software Eats the Supply Chain: VCs Put $359M in Logistics & Supply Chain Software in Last Year

VCが昨年1年間で物流・サプライチェーン関連スタートアップに投資した金額は総額約3.6億ドルだったという調査結果をCB insightsが発表しています。四半期ごとの投資金額を見ると、2013年Q4が突出しており、今年もそのペースを維持するか超える可能性がありそうです。

日本国内でも約20兆円と言われる巨大な物流市場。C2CやインスタントECの登場で売り手の細分化が進み、現に日本でもオープンロジなど個人でも利用しやすい物流プレイヤーが生まれ始めています。今後クラウドやテクノロジーを活用し、業界を大きく変えるプレイヤーが出現するかもしれない物流領域には要注目です。

via CB Insight

----------[AD]----------