Google傘下のNestがホームモニタリングのDropcamを5億5500万ドルで買収

SHARE:

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録



dropcam-hd

Nestを買収したGoogleが、今度はDropcamを買収した。Nestの公式ブログで発表されており、買収額は公開されていないが、Re/codeの記事によると5億5500万ドル(100円換算で555億円)になる見込み。

Dropcamはホームモニタリングサービス。Wi-Fi対応のセキュリティカメラで、ユーザはメンテナンスする必要がほとんどない。すでに自宅がWi-Fiでインターネットにアクセスしていれば、カメラを電源につなぐだけでセットアップが完了する。

スマートホーム領域は「家庭のありとあらゆるデータの奪い合い」が注目のポイントだ。Nestに引き続き、Dropcamを買収したGoogleがどのような動きを見せるかが気になるところだ。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録