紫外線の量を計測してくれるフランス発のスマートブレスレット「JUNE」が7月中旬から日本でも発売へ

SHARE:


june-wearable

以前本誌でも紹介したウェアラブルデバイス「JUNE」が、7月中旬に日本で発売すると発表したことをCNETが報じている。価格は税別で1万2000円。アップルストアやコンセプトショップ、Amazon.co.jp、家電ショップなどで販売されるという。

ウェアラブルデバイス「JUNE」を開発するのは、フランスのnetatmo。netatmoはサーモスタットのようなプロダクトや、気温や湿度などを自動計測し、iPhoneやiPadと連動して現在の状況を把握できる「ウェザーステーション」を開発している企業だ。ウェザーステーションに関しては、日本でも2013年秋から展開している。

june

JUNEはBluetoothでスマホのアプリとつながり、紫外線の量を計測して、ユーザに対してサングラスをかけたほうがいい、日焼け止めを塗った方がいい、帽子をかぶったほうがいいなど、メッセージを送ることで肌がダメージを受けるのを防いでくれる。

このプロダクトは、現在ラスベガスで開催されているCESで発表され、デザインはLouis VuittonやHarry Winstonのコラボによって行われている。従来のアクセサリーに近いデザインで作られた同プロダクトが、どのような売れ行きを見せるのか、気になるところだ。



BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録