nanapiのアンサーが2000万回答に到達、4月からの成長をグラフにしてみた

SHARE:

nanapiの提供するノンジャンルのQ&Aアプリ「アンサー」が6月24日、2000万回答に到達したとnanapi代表取締役の古川健介氏が教えてくれた。2013年12月にiOS版でリリース後、4月14日に600万回答を達成、約1カ月後の5月16日に1000万回答、さらに6月11日に1500万回答と順調に回答数を伸ばし、今日、24日に2000万回答に到達した。

下記はnanapiに教えてもらった数字で私たちが作成したグラフになる。日付間隔は均等ではないが、ほぼ2週毎の数字と眺めてもらえれば幸いだ。

nanapi_answer.001

回答数の伸びの裏には、nanapiアンサーが仕掛ける「キャラクターbot」による即レスが影響しているものと思われる。古川氏によると、この回答数にはbotの数字は含まれていないということだったが、それに反応する形でユーザーコミュニケーションが活性化していると考えれば、このアイデアは正しかったということになるだろう。このあたりはどのように定量的に判断するか難しいが、機会があればなんらかの数字を聞いてみたい。

北米ではここ数日「Yo」が大きく話題になり、あっという間に100万人ユーザーを達成する勢いをみせている。

<参考記事> 【追記あり】開発8時間で120万ドル調達の「Yo」が急成長中

飽きられる可能性ももちろん高いが、ソーシャルネットワークの基盤ができた今、コミュニケーションサービスがどのような成長曲線を描かなければ世界で生き残れないかを教えてくれる、ひとつのベンチマークとして参考になる。アンサーも公開後、4カ月はゆるやかな成長だったが、ここ2カ月の勢いは目を見張るものがある。但しこれは回答数なので、どこかのタイミングでユーザー数などの情報が公開されることを期待したい。

----------[AD]----------