Samsungがスマホと連動し乗り手を安全にするためのスマートバイクのプロトタイプを発表

SHARE:


Samsung Smart Bike

イタリアの「ISTAT (National Institute of Statistics)」によれば、自転車は最も高い死亡率であり、一番安全ではない乗り物だという。「Samsung Smart Bike」 は、ミラノデザインウィークで初めて登場し、ジャーナリストたちから注目を集めた。

同自転車は、「Samsung Maestros Academy」から生まれた注目のプロジェクトだ。有名なフレーム作成者である職人のGiovanni Pelizzoli氏と、Samsung Maestros Academyの生徒Alice Biotti氏の協働で誕生した自転車のプロトタイプ。

「Samsung Smart Bike」は、振動を無効にするフレーム、他の乗り手に対してアラートを出すレーザービーム、GPSシステムなど、乗り手を安全にするためのいくつかの機能を備えており、Samsung製のスマートフォンから操作することができる。

自転車のフロント部分にはスマートフォンを備え付けられるようになっており、スマホは距離や速度、方向をトラックすることができる。そして、スマホはカメラを用いて自転車後方の様子をリアルタイムに表示することもでき、後方確認も可能となっている。

以下は、「Samsung Smart Bike」のデモ映像だ。



このバイクがただのデザインコンセプトなのか、今後製品化の予定があるのかは明らかになっていない。

----------[AD]----------