建設現場を定点観測。空撮ドローン「Skycatch」が新たな空撮ニーズを開拓し1320万ドルを調達

SHARE:


2014-06-09_1705

海兵隊にいたというユニークな経歴を持つ起業家 Christian Sanz氏と、元インテルのエンジニアであるSam Miller氏が提供する空撮ドローン「Skycatch」が、ある分野から注目を集めている。

その分野とは、設計や建築など、土木作業の現場だ。同ドローンは、例えば建築分野などを「定点観測」することで、空撮に新しい価値を見いだしている。

「Skycatch」の特徴は、その制御が自動化されていることだ。このドローンは毎日もしくは決められた間隔で決められたルートを自動的に飛び、2Dと3Dの写真を撮影して戻ってくる。充電やデータ送信に関しても人が介在する必要は無く、専用の地上基地を使って全てが管理されるという。

2014-06-09_1709

定点観測の利点は、ミスや問題を早急に発見出来ることだろう。従来の数日〜数カ月の感覚で行われていた撮影と違い、こまめに撮影を行うことで、問題の発見が容易になることは想像に難くない。

同ドローンを開発・販売するSkycatch社は建築現場の定点観測以外の使い道として、鉱山でのひび割れ検出(崩落の危険の察知)や海上の発電パネルの稼働チェックなどを例に挙げている。

これらは画像処理による変化の検出や、温度センサーによる不具合の検出などを利用するとのこと。撮影以外の定点観測にも使えるというのは、確かに懐が深そうである。

Techcrunchによれば同社は1320万ドルの資金調達にも成功しており、既に大手の顧客も獲得。より長時間、より高く飛べるドローンを開発する予定とのことだ。定点観測と情報分析の両輪をまわして、今後も空撮の新しい可能性を模索していくことだろう。

----------[AD]----------