起業家の世界コンペティションSeedstars World、今週金曜日に東京予選イベントを原宿で開催

SHARE:

seedstarsworld-tokyo-2014_featuredimage

世界的なスタートアップ・コンペティション Seedstars World が開催されるのは昨年に続いて2度目のことだ。このイベントでは世界都市をオーガナイザーがツアー行脚し、地域毎のピッチ・コンテストを開催。最終的に各都市選出の優勝スタートアップがスイス・ジュネーブで開催される世界イベントに招かれ、最大50万ドルの資金調達が獲得できる優勝の座を狙って戦う。

ssw-final-onstage
昨年の Seedstars World 2013 世界決勝(ジュネーブ)の様子

昨年の東京イベントでは Wi-Fi を使った実店舗向けの来店者情報分析ソリューション Locarise が優勝、世界イベントでは、ケニアの住所共有アプリ OkHi が優勝した。

そして今年の東京イベントが今週金曜日の7月25日、原宿のコワーキング・スペース「THE TERMINAL」で開催される。Seedstars World では、東京イベントへの一般参加およびピッチ・コンペティションへの出場を希望するスタートアップのエントリを、明日23日まで受け付けている

Seedstars World のの運営母体になっているのは、ヨーロッパを中心に、世界中の若い(30歳未満)起業家800人以上で構成される組織 Sandbox だ。彼らは年間150件以上もの起業関連イベントを世界25カ国で開催しているが、Seedstars World では、特に潜在力の高いスタートアップを表に出すことを目的としている。

以下は、昨年の東京イベントで優勝した Locarise のインタビューだ。彼らに続いて、世界に狙いを定める日本のスタートアップはどのチームだろう。THE BRIDGE では今年も、Seedstars World 東京イベントのメディアパートナーを務めるので、追って、イベントの模様をお伝えする予定だ。

----------[AD]----------