ゲームで勝てば弁当がもらえる、BrainWarsとbento.jpの異色コラボキャンペーン「bentoWars」が本日始動

by Yukari Mitsuhashi Yukari Mitsuhashi on 2014.7.28

bentowars

脳をフル回転させて戦う対戦型知的ゲーム「BrainWars」と、タップで20分後にはお弁当が届く「bento.jp」がタッグを組んだ異色コラボのキャンペーンが、本日7月28日(月)から30日(水)までの3日間開催されます。

無料bentoへのチャレンジはひとり1日3回まで

BrainWarsをプレイしてbento.jp公式アカウントに勝つと、お弁当が無料でもらえる。プレーヤーの皆さんが戦うことになるのは、bento.jpの代表である小林さんがプレイしたゴースト。彼の前日のプレイデータと戦うことになるため、同時にたくさんの人が対決できる仕組み。

無料でお弁当が手に入るクーポン獲得の流れは以下の通り。

  1. LPから「チャレンジ」ボタンをタップしてBrainWarsを起動
  2. 専用オープニングの後、bento.jpアカウントと対戦する
  3. 勝つと弁当無料クーポン獲得!負けても100円引きクーポン獲得!
  4. 無料クーポンを狙って再チャレンジ可能

bento.jp公式アカウントを負かし、クーポンを獲得したらbento.jpのアプリから弁当を注文して宅配員にクーポンを提示するだけ。無料クーポンはユーザー1人につき1日3回までチャレンジできるため、あきらめずに挑戦すれば3度目の正直でお弁当がゲットできるかもしれません。

Win-Winの異色コラボレーション

IVS-pitchIVSでピッチする小林さん(左)と高場さん(右)

ゲームとリアルビジネスのコラボレーション。BrainWarsの高場大樹さんとbento.jpの小林篤昌さんは共に1986年生まれで、IVS 2014 SpringのLaunchPadの同期生。

「スタートアップ同士、お互いに協力し合って伸びていこうと盛り上がり、今回のBrainWarsとbento.jpという異色のコラボキャンペーンが実現しました」(小林)

ゲームと弁当。一見すると関係なさそうなこの2つ、実はランチタイムに弁当を食べながらゲームで遊ぶユーザーは多いのだと言います。bento.jpにとってユーザー拡大につながり、またBrainWarsはリアルワードを絡めたO2Oのゲーミフィケーションプラットフォームとしての展開を強化することにつながる。

ゲーム好きでおまけにお弁当をもらって喜ぶも良し、今日のランチ代を浮かせるためにゲームにチャレンジしてみるも良し。やってやろうという人は、いざbentoWarsのキャンペーンサイトへ。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------