世界初の3Dチョコレートプリンター「Choc Edge」がバージョンアップ

SHARE:


20140707_choco3d

2012年に登場した世界初の3Dチョコレートプリンター「Choc Edge」がバージョンアップする。文字通り、ヘッドノズルからチョコレートを出力して、さまざまな形の2Dや3Dのチョコレートをつくることができるというもの。

20140707_choco3d2

Choc Creator V2は見た目や構造もリニューアル、ノズル部分が大きくなり「プリント」するためにチョコレートの温度を適温に保つために改良された。さらに、これまでより大きなチョコレートを出力できるようになる。

Choc Creator V2は6630ドル(約67万円)で発売予定、現在アメリカ、ヨーロッパ、オーストリア、アフリカでプレオーダー中。先日中国で開催された3Dプリンティングカンファレンスで明らかにされた。

個人利用には中々用途が思いつかないが、ケーキ屋さんでオリジナルのバースデープレートを作成したり、レストランのちょっと変わったデザートメニューに利用したり、広告代理店やマーケティング会社の先進的なプロモーションアイテムとして使えるかもしれない。

以下の動画は2012年に発売されたバージョン1でNOKIAのチョコレートを3Dプリントしている様子。