時速20kmで走行可能な電動式スケート「ACTON R ロケットスケート」

SHARE:


ROCKET SKATES

両足の靴の上から装着して走行することのできる、電動式のローラースケートが新たに登場した。米ACTON社が発表した「ロケットスケート」だ。

ロケットスケートは、ブラシレスモーターとリチウムイオンバッテリーが搭載されており、最高時速20kmで走行することが可能。操作にはリモコン等はなく、体重移動で操作を行う。

操作用に決めた片足の前方に体重をかけると加速、かかとに体重をかけると減速、ブレーキがかかる。もう一方のスケートは、無線で速度が同期される仕組みとなっている。

歩行時にわざわざはずす必要もなく、装着したまま、階段を上ったり、カフェで一休みすることも可能。実際の走行の様子は動画をどうぞ。

スマートフォン用のアプリ(iOS/Android)も用意され、バッテリー残量や走行ルートの確認を行ったりすることができます。

ROCKET SKATES脱ぎっぱなしにしたロケットスケートを、自分の手元に呼び寄せるというようなことも可能な様子。

ROCKET SKATES

また、ロケットスケートには、走行距離と走行時間の異なる「R6」「R8」「R10」の3モデルが用意されている。「R6」は約10km/45分の走行が可能、「R8」は約13km/70分の走行が可能、「R10」は約16km/90分が可能となっている。

製品の量産化のため、Kickstarterにて出資を募るキャンペーンを展開しており、目標額の5万ドルは瞬く間に達成。

現在、5倍の25万ドル以上の金額を集めており、注目の高さがうかがえる。出資額に応じてロケットスケートの各モデルを手に入れるコースが用意されているが、数量限定の199ドルや249ドルのコースは早くも売り切れとなっている。

製品の発送は米国内向けは2014年10月、ヨーロッパ・アジア向けは11月になる見込み。なお、米国外への送料は100ドルかかる。