WebPayが個人でも数分で導入できるカード決済機能を提供、CtoCコマース向け決済事業へ展開

SHARE:

ウェブペイは今週、個人事業主でも数分で導入できるカード決済機能「WebPayショップ機能」の提供を開始し、CtoCコマース向け決済事業を本格的に展開し始めた

「WebPayショップ機能」を利用すると、CtoCコマース事業者は1〜2週間でカード決済機能が導入できるようになり、WebPayを導入したCtoCコマースサービスに出店する個人事業主は数分でカード決済機能が利用可能となる。

「WebPayショップ機能」は、すでにピクシブが提供するショップ作成サービス「Booth」、Growが運営する定期課金販売のプラットフォーム「BoxToYou」、スペースマーケット:スペースの貸し借りができるマーケットプレイス「スペースマーケット」などに先行して導入されているという。

これまでフリーマーケットアプリや個人が出店できるネットショップなどのCtoCコマース事業者は、カード決済導入時に、すべての出店者へのカード加盟店審査、出店者ごとの決済の可否の管理など、カード会社との交渉やシステムの導入に何ヶ月もかかっていたが、「WebPayショップ機能」を利用することでその手間が省略される。

shop_webpay-1024x744

事業者は、ショップ機能を導入することで発生する追加料金はなく、月額費用無料でVISA/MasterCardの決済手数料が3.25%のスタータープラン、もしくは月額費用9,800円でVISA/MasterCardの決済手数料が2.69%のプロプランで利用可能となっている。

スタータープラン、プロプラン両方のプランに含まれているJCB/American Express/Diners Clubの取り扱いに関して、ショップ機能においては、現在のところ検討中だという。

----------[AD]----------