Alibaba(阿里巴巴)がAutonavi(高徳)を15億米ドルで買収し、地図事業に進出

SHARE:

Heres-why-Alibaba-wants-to-acquire-all-of-Autonavi

eコマース大手 Alibaba(阿里巴巴)は1年ほど前、Autonavi(高徳、NASDAQ:AMAP)の持分株式の28%を取得した。そして今年2月、同社は1株あたり21ドルの上値で Autonavi の全株を取得する提案をした(7月16日時点の最新情報:Autonavi の株主は本日(原文掲載日:7月16日)、買収提案を承認した。この取引は今月末に完了し、Autonavi の NASDAQでの上場は廃止となる)。

Autonavi は本日(原文掲載日:7月16日)、買収価格での提案を受け入れたが株主の承認待ちとなっていることを明らかにした。Autonavi の 昨日の終値は1株20ドルであった。2月に最初の提案のあった時の16.54ドルからすると、株主にとってはかなりのプレミアムがついたと言える。

この取引を通じて Autonavi には15億米ドルの資金がもたらされ、同社は非公開企業となる。これが今後予定されている Alibaba のアメリカでのIPOにどのように組み込まれるかは不明だ。調査会社 Enfodesk の最新データによると、Autonaviは中国で4番目に人気の地図サービス企業である(データを最新の数字に更新した)。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------