クラウドワークス、リクルート投資子会社に第三者割当増資を実施、登録者数は20万人を突破

SHARE:
クラウドワークス代表取締役の吉田浩一郎氏

一部の報道機関が伝えている通り、クラウドワークスは8月8日、リクルートホールディングスの投資会社に対して実施した第三者割当増資の発表をする。(8日追記:発表されました金額は非公開だが数千万円規模、日経の報道では増資後の出資比率は2%前後となるとし、両者は共同で新サービスの開発を手がけることになるという。

2014年5月に代表取締役の吉田浩一郎氏を取材した際、オンラインで働く方(受注側)の数は16万人だったが、同社に問い合わせたところ、現在この数字は20万人を突破しているということだった。

なお、当時の取材で企業の登録数(発注側)は3万社、年間の流通総額は20億円を突破する見通しと吉田氏は語っている。

<参考記事> クラウドワークスの年間流通額は20億円規模の見込み #IVS

成長が期待されるクラウドソーシングの市場だが、上記のインタビューでもある通り、この新しい働き方に対しての理解は完全に進んでいるとは言い難い。時間のかかる事業なだけに、上場はもちろん、その後の展開や課題についてなど後日インタビューを掲載する予定だ。

----------[AD]----------