【#StartupAsia Tokyo 2014予告】Ardent Capital会長が語る、タイがスタートアップに魅力的な理由とは?

SHARE:

startupasia_tkyTHE BRIDGE のメディア・パートナーである Tech in Asia では、2014年9月3日〜4日、東京で初開催となるスタートアップ・カンファレンス「Startup Asia Tokyo 2014」を開催する。

この予告シリーズでは、開催日当日に向け、登壇者やイベント内アトラクションの紹介を中心に、イベントの全容をお伝えする。これまでシンガポールおよびジャカルタで、通算5回にわたって開催された Startup Asia については、ここから関連記事を閲覧できる。


2014 Asia Leaders Summit で熱弁を奮う、Ardent Capital 会長 Paul Srivorakul 氏
2014 Asia Leaders Summit で熱弁を奮う、Ardent Capital 会長 Paul Srivorakul 氏

タイは、東南アジアで最も重要な市場の一つだ。Facebook ユーザは2,800万人、Twitter ユーザは450万人、Instagram ユーザは170万人。国全体の人口が 7,000万人であるのもかかわらずだ。ある見積によれば、タイには約8,000万の銀行口座があり、クレジットカードの普及率は15%と言われている。これは、クレジットカードが普及していないと言われる東南アジアでは、平均以上の数字だ。したがって、Eコマースにとって、タイは将来有望な市場だと言える。

タイは近隣のインドネシア、ベトナム、フィリピンより小国だが、間違いなくアジアの最も発展した新興市場の一つだ。バンコクは、スカイトラムが頭上を走り、交通渋滞が多く、外国人が増加の一途にあり、スマートフォンの普及率が36%にも上る近代都市である。タイの消費者は、Eコマースやオンライン商品に喜んでお金を払う。つまり、スタートアップにとって、タイは健全な環境だ。

タイで創業まもないスタートアップに目をやると、シリーズAラウンドの資金調達に成功した、突出した若いスタートアップに出くわすだろう。Ookbee は、電子書籍ストアのために700万ドルを調達し、土木業界向けのソフトウェア・プラットフォーム Builk は 500 Startups に入り40万ドル以上を調達した。これまでの最大は、最近実施された aCommerceによる Ardent Capital からの1,000万ドル以上の調達だ。

それ以外にも、既に調達に成功したスタートアップや、目下調達中のスタートアップは、Techlist で見つけることができるだろう。9月3〜4日の Starup Asia Tokyo では、Ardent Capital の共同創業者で会長の Paul Srivorakul 氏に基調講演してもらう。

Ardent Capital は2011年タイで設立され、タイのスタートアップ・エコシステム、とりわけ、eコマースの分野に関心を払って来た。Srivorakul 氏は aCommerce の CEO として現在活動しているが、なぜタイが魅力的な市場なのか、その核心について話してくれるだろう。これまでに Srivorakul 氏はタイで3つの会社をイグジットさせており、タイにとって何が重要か、タイに市場参入しようとするスタートアップにとって何が落とし穴になるか、包括的な考えを持っている。Srivorakul 氏のプレゼンテーションは、Startup Asia Tokyo の2日目に予定されている。

Startup Asia Tokyo 2014 の入場チケットはここから購入可能。
THE BRIDGE 読者向けの割引コード「readthebridge」の入力で入場料が25%割引になります。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】

----------[AD]----------