キック不要なキックボード、プロパンガスで動く「The ProGo 3000」

SHARE:


SCL_9081

キックの必要がないキックボード。その存在そのものに矛盾をはらんだその製品こそ、ProGo社の動力付きキックボード「The ProGo 3000」だ。

なお、本製品は「Scooter」の扱いだが、ここでいうScooterとは海外の片足で蹴って進む乗り物=キックボードのことなので、本記事ではキックボードと呼ぶ。

Why-Propane-FINAL

このキックボードのユニークな点は、動力の燃料としてプロパンガスを採用したことだろう。

プロパンガスであれば、充電式のように充電の間待つことや、バッテリーの重さに苦しめられることが無く、また一般的なガス・燃料式のように排気ガスで環境汚染してしまう心配もない。また、予備燃料を持ち運ぶことも容易なため、コンセントやガススタンドの無いような場所でも安心して利用することができる。

001

エンジンには25ccの4ストロークエンジンを搭載し、最高速度は約時速32キロ。1本のボンベで最大2〜3時間の航行が可能で、おおよそ60キロ以上の移動が可能だ。

最大積載重量は約124キロまで(ただし公式サイトには90キロ弱との記載もあり)。プロパンガスを利用することで、アメリカのEPA(アメリカ合衆国環境保護庁)やカリフォルニア州の厳しい環境規制にも対応している。

005

Kicksterterでは目標額の2倍強ほどを達成。一般販売価格は約46,000円で、8,000円ほど追加することでアメリカ国外にも出荷可能。年内に出荷が開始される見込み。

折りたたみも可能で持ち運びもしやすく、個人的にはちょっとした電車旅行や、いま話題のIngressで使ってみたい…とは思うものの、そもそも日本国内で走行できるかどうかは未知数(恐らく届け出が必要)である。もし広大な土地をお持ちの場合は、敷地内の移動用に1台いかがだろうか?

----------[AD]----------