レースゲームのような三人称視点での運転体験を、ドローンとHMDで実現する実験

SHARE:

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録



ドローンとHMDを使い、まるでレースゲームのような三人称視点での運転を実現

イギリスのTom Scott氏が、ドローンとヘッドマウントディスプレイ(以下HMD)を使って、三人称視点で実際の自動車の運転をしてみる、という変わった実験を行っている。

ドローンとHMDを使い、まるでレースゲームのような三人称視点での運転を実現
自動車に乗ったドライバーは、ヘッドマウントディスプレイを装着。このヘッドマウントディスプレイに、自動車の後方上空を飛行するドローンが撮影する映像がリアルタイムに映しだされる。

ドローンとHMDを使い、まるでレースゲームのような三人称視点での運転を実現
自分の運転する自動車が映る映像を見ながら運転する。あたかもレースゲームをプレイしているような視点となるというわけだ。

ドライバーは時々障害物に衝突しそうになりながらも、最後には無事コースを走りきることができたようだ。実際の感覚は運転したドライバーにしかわからないことだが、実験の映像を見る限り、徐々に慣れる様子が見られるものの、障害物との距離感など通常の一人称視点での運転とはかなり勝手が違うようだ。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録