ヘルメットがついに新しいステージにーースマートヘルメットがクラウドファンディングで1日に60万ドル集める

SHARE:

20140808223942-Hero_helmet

<ピックアップ> This Android-Powered ‘Smart Helmet’ With GPS And Rearview Camera Raised Over $600,000 In One Day

いつかはこの日がやってくるのではと思っていましたが、ついに出てしまいました。(補足:文末に追記あり)ヘルメットです。ただのヘルメットではありません。スマート・ヘルメット、つまりアレです。Androidと連動した(お手持ちのスマートフォン経由での)ネット接続可能なヘルメットです。

もちろんこの話題で「あぁ!」という感嘆の言葉をあげてしまった方は恐らくかなり狭いコミュニティに属している方でしょう。そう、これはことあるごとにある方が提唱していたアイデアだからです。(詳しくは下記の記事の中段あたりをご覧ください。ヘルメットを何度か叫んでいる方がいらっしゃいます)

<参考記事> ヤフーの再発明は可能かーー社内ベンチャー制度「スター育成プログラム」キックオフに潜入してきた

Skully AR-1はAndroidベースのヘルメット(何を書いてるかわけがわかりません)で、動画を見て頂ければわかる通り、HUD(透過型ヘッドアップディスプレイ)を搭載。GPSも付いていて、目的地まで誘導してくれます。カッコイイ。未来です。クラウドファンディングのIndiegogoで1日、たった1日で60万ドルを集めており、目的の25万ドルまであっという間に達成。まだ30日も残っているのでこれはかなりの記録を叩き出すのではないかと想像されます。

Androidですからもちろん電話も音楽も楽しめるようで動画をみると本当にSF映画のようです。とにかく私個人としては、なぜこのプロダクトを海外のどなたか知らない方が作ってしまったのか、それが残念でなりません。

(追記:冷静になってこちらのプロダクトを調べたところ、メーカーのSkully Helmetsは創業2013年2月、どうやらここが最初のようなのですが、その他にもLiveMapのようなものや後づけのRide:HUDのようなものもあるようです)

(追記2:このような事例もあるそうです。にわかにヘルメット熱が上がると共にさらに国産への期待が膨らみます。教えて頂きありがとうございます)

----------[AD]----------