Airbnbの共同ファウンダーの笑える?最初のビジネスアイディア

SHARE:

ideasimage via. Flickr

<Pick Up> Airbnb cofounder’s previous startup idea was butt pads

今でこそ、ちょっとした言動も記事にされてしまうほど注目を浴びる人気スタートアップのファウンダーたち。でも、そこにたどり着くまでには失敗談や、今では恥ずかしい起業のアイディアの1つや2つもあったはず。

華麗なる失敗談といえば、なんといってもUberのCEOであるTravis Kalanick。彼のFailCon(起業の失敗談から学ぶカンファレンス)のスピーチは有名よね。最近取り上げられていたのが、今では一晩に世界40万人の宿泊者を誇るAirbnbの共同ファウンダーの Joe Gebbia。Airbnb以前は、芸術部の学生のためのおしりクッションをプロトタイプにまでしていたんだって。

ロードアイランド・スクール・オブ・デザイン(RISD)に在学中に思いついたアイディア。長時間にわたって、スタジオでお互いの作品について議論し合う「crits」という授業では、ペンキやら粉灰にまみれた椅子に座り続けるものだから終わった頃には洋服がすごいことに。そんな解決策として誕生したアイディアだった。

でも当時から、課題を解決する。この問題って問題である必要があるの?っていう発想力の持ち主ではあったのね。

via. ValleyWag

----------[AD]----------