【#StartupAsia Tokyo 2014予告】Startup Arenaでピッチする8社の中から、次に成功するスタートアップを見つけよう

SHARE:

startupasia_tkyTHE BRIDGE のメディア・パートナーである Tech in Asia では、2014年9月3日〜4日、東京で初開催となるスタートアップ・カンファレンス「Startup Asia Tokyo 2014」を開催する。

この予告シリーズでは、開催日当日に向け、登壇者やイベント内アトラクションの紹介を中心に、イベントの全容をお伝えする。これまでシンガポールおよびジャカルタで、通算5回にわたって開催された Startup Asia については、ここから関連記事を閲覧できる。


7975041104_93a68b5983_h
photo by Luke Ma

日本は、決してテクノロジーで遅れた存在ではない。独自の言葉、文化、消費者行動を持つ、ガラパゴス的な存在なのかもしれない。しかし、日本にもユニコーンは居る。バリュエーションが10億ドルに達している企業だ。

日本最大のEコマース会社である楽天は、市場価値が172億ドルに達した。人気のあるチャットアプリ LINE は非公開会社であるため企業価値の推測は難しいが、Facebook が Whatsapp を買収する前に出された、保守的な算定でさえ100億ドルとされている。

我々は、Startup Asia のピッチ・コンペティション Startup Arena から、次代の成功スタートアップを見出したいと切に願っている。日本は有望な市場というだけでない。それは、日本からのベンチャー投資が、アジア地域全体に投資の機会を求めている理由からも明らかだ。

このコンペティションでは、シリーズA かそれ以上のラウンドで資金調達中の、アジアのグロース・ステージ・スタートアップ8社が聴衆や審査員にピッチする予定だ。登壇スタートアップの目標は Startup Arena で優勝することだけではなく、成長を加速させてくれそうな投資家の前に並ぶことだ。

これまでの Startup Arena では、多くの面白いスタートアップを見てきた。Startup Asia Singapore 2014 で優勝の座に輝いた小売POSの Bindo は、シードラウンドで180万ドルを調達した。また、Startup Asia Jakarta 2013 で優勝したドローン SaaS の Garuda Robotics も興味深いスタートアップだった。

Startup Arena は聴衆をわくわくさせるだけでなく、投資家の注目を集めるセッションだ。宇宙ゴミを除去しようという壮大で野心のある計画で聴衆を魅了した、Astroscale のエネルギッシュな創業者を忘れられるだろうか。

Startup Asia Tokyo の Startup Arena で、どんな8社が登壇するかを楽しみにしているかもしれない。このセッションは、イベントの2日目、9月4日の午後4時10分から開始される。そのときが来るまで詳細はお伝えできない。いつものように、Tech in Asia 上での Startup Asia に関する詳細なレポートをチェックしてほしい。しかし、現場にいた方がずっといいので、サインアップがまだなら今すぐ登録することをお勧めする。現地でお会いしよう。

Startup Asia Tokyo 2014 の入場チケットはここから購入可能。
THE BRIDGE 読者向けの割引コード「readthebridge」の入力で入場料が25%割引になります。

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

【原文】