新しい3Dデザインマーケットプレイス「Kwambio」が登場、デザイナーは3D作品の販売も可能

SHARE:


20140905_kwambio01

新しい3Dデザインのマーケットプレイスサービス「Kwambio」が登場。

ユーザーは3Dプリンターで作成する製品をカスタマイズしてその3Dデータを購入でき、また3Dデータが作成できるクリエイターは、自分のオリジナル作品を販売することができる。

kwamb.ioのベータ版が2014年10月にリリース予定、現在ベータテスターの募集を行っている。

20140905_kwambio03

サイトは「デザイン」「ファッション」「ガジェット」「デコ」「アート」の5つのカテゴリーで、現在、花瓶やコートハンガー、ランプといった20種類以上のデザインから選ぶことができる。

そこからクリックするだけで、オリジナルのテキストを入れたり、形状を変えたりといったカスタマイズが簡単にできる。

20140905_kwambio04

カスタマイズされた3Dデータファイルはストリーミングサービスからダウンロードでき、自宅の3Dプリンターや3Dプリントサービスからプリントアウトする。

ユーザーはオリジナルのソースファイルにアクセス不可な仕様となるため、デザイナーは安心してオリジナル製品を販売することができるそうだ。

また全ての3Dデータはプリント可能かどうかKwambioチームによって慎重にチェックされるので、ユーザーは安心してデータを購入することができる。Kwambioがオープンして数ヶ月は無料で利用可能予定だが、最終的には1プリントごとに料金が発生する。

Kwambioは、誰もがクリエイターになれるクリエイティブコミュニティを目指しているそうで、ユーザーはクリエイターの作品をお気に入りに登録したり、シェアしたりでき、またお気に入りのクリエイターを「フォロー」する機能もある。

Kwamnbioは、2013年にニューヨークで創業したスタートアップで、9月4日から6日までロンドンで開催された3D Printshowに、Kwambioで初披露された。

----------[AD]----------