スクーがランチ時間の学習を支援するランチスクーを提案、まずはbento.jpと連携して弁当の無料配達から

SHARE:

ランチスクー
動画学習サービス「schoo(スクー)WEB-campus」を運営するスクーが、宅配弁当サービス「bento.jp」を運営するベントー・ドット・ジェーピーと提携し、2014 年 9 ⽉ 29 ⽇(⽉)〜10 ⽉ 3 ⽇(⾦)の5⽇間限定でのキャンペーンを開始する。キャンペーンの内容は会社の昼休みにスクーの録画授業を3名以上で受講した場合、「bento.jp」のお弁当を無料で宅配するというものだ。

宅配弁当サービス「bento.jp」はこれまでにもいくつかの提携を実施してきている。おやつの時間にシュークリームが届いたり、クックパッドの厳選レシピがbento.jpのお弁当の主菜になったり、BrainWarsとコラボしてゲームで勝てば弁当がもらえる「bentoWars」キャンペーンを実施したりと、動きは様々だ。

今回、5⽇間限定で⾏われるキャンペーンでは、ランチスクーを⾏う⽇程と参加⼈数を指定のフォームから申し込むと、ランチスクーを⾏う当⽇の 11:30 頃、オフィスに bento.jp のお弁当が全員分届く。受講する授業は schoo(スクー)WEB-campus 内にある「スタートアップ学部」の録画授業の中から事前に選定する必要がある。

対象エリアは渋⾕区⼀部と港区六本⽊で、ランチスクーに参加可能な社員数は3〜10名。11名以上は要相談となっている。当⽇、スクーで勉強会をしている様⼦の写真を撮影して指定アドレスに送付することが参加の条件。申し込みはこちらのページから。

スタートアップ企業の「有意義なランチタイム」を応援

スクーはスタートアップに対して「ランチスクー」を提案することで、役職などの垣根を超えた共通の学習体験や、学んだことを活かすためのディスカッション機会を提供したいと考えている。

今回の企画は、頻繁に「ランチスクー」を⾏っていたスタートアップが、限られた昼休みを有効活⽤するために「bento.jp」の弁当を頼んでいたという実際のエピソードから実現したという。

「ランチスクー」をすでに導⼊している企業からは、「⼀⼈で受講するよりも何倍も学びがあった」「テレビを⾒るのと同じぐらい気軽に学ぶことができた」といった声が挙がっているそうだ。

スクーは、「ランチスクー」を schoo WEB-campusの新しい使い方としてどんどんPRしていきたいと考えている。今後もbento.jpにかかわらず、積極的に他社とのコラボを行い、実際にランチスクーを実践している企業への突撃取材をしていく方針だ。