元・頓智ドットCOO佐藤僚氏、KiDDYのCompath Meに参画しCOO/CTOに就任

SHARE:
compath.me-hiromichi-ando-ryo-sato
Compath Me CEO 安藤拓道氏(右)と、COO/CTO に就任する佐藤僚氏(左)

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

家族写真SNS「KiDDY」の提供で知られる Compath Me は今日、tab(元・頓智ドット)の前COO佐藤僚氏を招聘し、同氏が Compath Me の COO兼CTO に就任すると発表した。佐藤氏の参加により、Compath Me は KiDDY のプロダクト開発やサービス設計を改善していきたいとしている。

佐藤氏は、ネットエイジ(現・ユナイテッド)でCTOや代表取締役副社長を歴任した人物として知られ、tab では海外展開を念頭に置いた事業開発に従事していた。佐藤氏の参画について、Compath Me の創業者で CEO の安藤拓道(ひろみち)氏は、次のようにコメントしている。

KiDDY は現在は家族のSNSであるが、将来的には、ホームオートメーションなども含めて、あらゆる情報を共有するハブになっていく。動画を扱ったりする可能性もあるし、総合的に技術力を上げる必要がある。佐藤氏には COO としてお願いする予定だったが、エンジニアリングのバックグラウンドもお持ちなので、CTO も兼任してもらうことにした。

Compath Me には桜井祥子氏をはじめエンジニア陣が数名いるが、佐藤氏のもとに開発チームを再編成し、サービスを提供する会社からテクノロジーカンパニーとして脱皮を図りたいとしている。

佐藤氏は、Compath Me で今月開かれる株主総会での決定をもって COO兼CTO に正式就任となるが、それを前にこれからの抱負を語ってくれた。

いくつかのスタートアップを経験してきた自分のような人物と、瞬発力のある若手エンジニアの融合で力を発揮できるのではないかと考えている。これからは、ソフトウェア・テクノロジーに力のある会社にしなければならない。今後は特に、iOS や Android のクライアントサイドのエンジニアやインターンの募集を強化したい。

2011年の Open Network Lab からの輩出以降、Compath Me は約3年間にわたってコワーキング・スペースやリモートワークで業務を行ってきたが、佐藤氏の COO兼CTO 就任を機に、人材を集め業務の効率化を図る目的で、代々木にオフィスを開設した。今後はこの新オフィスを拠点に、優秀なエンジニアが見つかれば、リモートワークで勤務してもらえる体制も整えたいとしている。

KiDDY は0〜6歳の子供をコアに、そこから両親や双方の祖父母へと面展開するソーシャル・ネットワークだ。このサービスで得られたユーザベースこそが Compath Me にとっての資産だが、これを有効にビジネスに転換するには、子供の生育にあわせて、次のサービスへとユーザをトランスファーさせる必要がある。KiDDY を機能拡張するのか、KiDDY に加えて新たなサービスを追加開発するかは不明とのことだが、佐藤氏を核とする新たな開発チームによって、そのような展望も開けてくるのだろう。

----------[AD]----------