翻訳ソリューションの八楽、ビジネス向け翻訳サービス「YarakuZen」を正式ローンチ

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.9.2

yarakuzen_featuredimage

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

東京を拠点とし、翻訳ソリューションを提供するスタートアップの八楽は2日、ビジネス向けに効率的なクラウドソーシング翻訳が利用できるサービス「YarakuZen」を正式にローンチした。八楽ではこれまでも、Conyacgengo のクラウドソーシング翻訳と自社開発の翻訳データベースを組み合わせた、ウェブサイト向けの効率的で安価な翻訳サービス WorldJumperFonTrans を提供してきた。YarakuZen では翻訳サービスをビジネス文書にまで拡大し、17言語に対応する。

YarakuZen とが、同社の従来からのサービスである WorldJumper や FonTrans と大きく異なるのは、翻訳の依頼と結果をやりとりするインターフェースだろう。テキストはもとより、 Word / Excel / PowerPoint のファイルでのデータ授受が可能であり API も利用できる。さらに、翻訳のパターンを記録し、その後の翻訳に活かす翻訳メモリ機能も、アカウント単位ではなく、そのアカウントが所属する企業単位での共有が可能になり、より正確で効率的な翻訳が可能となる。

YarakuZen は数ヶ月前にベータ版としてローンチしており、7月上旬にルクセンブルクで開催された ICT Spring 2014 では、ヨーロッパの投資家らに向けてサービスのプレゼンテーションを行っていた(以下のビデオ)。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------