Alibaba(阿里巴巴)がホテルテクノロジーサービスのShiji(石基信息)株の15%を取得、オンライントラベル市場進出強化へ

SHARE:

alibabaheader

史上最大の250億米ドルのIPOを終えたばかりの巨大中国インターネット企業Alibaba(阿里巴巴)は、自社のオンラインマーケットプレイスTaobao(淘宝)経由で、中国ホスピタリティー情報プロバイダーBeijing Shiji Information Technology Co., Ltd.(北京中長石基信息技術股份有限公司)に28億1000万元(約4億5900万米ドル)の投資を行った

その結果Alibabaは15%の株と取締役会のポストを1つ手に入れることになる。

深圳証券取引所に現在上場されており、1995年に設立されたShiji Informationは、主として部屋の予約、購買、在庫、POSシステムのほかブロードバンドネットワークや請求システムを管理するソフトウェア開発に関わっている。

同社によると、約6,000の中国のホテルが同社サービスを利用しているという。これには中国にある5つ星ホテルの90%が含まれている。ハイエンドの顧客には、Grand Hyatt、Sheraton、Hilton、Shangri-la、Marriott、Peninsula、Accorなどがある。

Alibabaの旅行部門であるTaobao Travel(淘宝旅行)はShiji Informationとの緊密な協力により、ホテル情報システム、メンバーシップシステム、モバイル決済方法などを統合するとみられている。

Alibabaは中国で急成長するオンライン旅行市場の開拓に向けていくつか取り組みを行ってきた。昨年、独立した旅行部門を設立した後、同社はソーシャル旅行アプリの117go(在路上)、アウトバウンド旅行サービスのQyer(窮遊)ByeCity(佰程)など、オンライン旅行事業に関係する多くの企業に投資した。

【via Technode】 @technodechina
【原文】