Alibaba(阿里巴巴)がTaobao(淘宝)とTmall(天猫)をアプリメーカーへ開放、スタートアップの資金繰りに手を差し伸べる

SHARE:

taobao-doll1-720x480

Alibaba(阿里巴巴)のブログであるAlizilaによると、同社はBaichuan(百川)という新しいプログラムの一環として、サードパーティーのアプリ開発会社と小売店がTaobao(淘宝)やTmall(天猫)と統合することを許可したという。

アプリ開発会社は新たなモバイルショッピング、ソーシャル・シェアリング、位置情報、O2Oアプリの開発を促されている。Alibabaはこの動きが時間も人的パワーも自分たちでは持ち合わせていないような景気の悪い業界にも及ぶことに期待している。ブログではこのように言及している。

「現在中国では、モバイルインターネットの急増でニッチマーケットや個人ユーザのニーズに合わせたスマートフォンソリューションへの需要が高まっており、Alibabaのみでは対応できない状況です」

Alibabaによると、これによってスタートアップの開発はより安く、より速くなると述べている。Alizilaは資金調達、ベンチャーキャピタルさらにはAlibabaのワークプレイスも、Baichuanを利用する有望なスタートアップには利用可能だと述べた。

開発者はデータ解析やソフトプログラム用のツールにアクセスできるようになる。また、TaobaoやTmallのネットワーク・インフラの運営を手掛けるAliyun(阿里雲)から、ソフトウェア開発キットや個人的なメンタリングを含む技術支援を受けることもできる。

また、アプリ開発会社が取引データを取得したり消費者の購買動向を見分けることができるよう、昨年11月にAlibabaが買収したデータ解析会社のUmeng(友盟)も、いくつかのツールを提供する予定だ。開発チームにはもはやCTOはいらず、アイデアを沢山持ったプロジェクトマネージャーなら、すぐに素晴らしいアプリを開発できるとAlibabaは見ている。

ユーザはTaobaoやTmallのアプリやウェブストアを訪問せずにサードパーティーアプリから直接商品が購入できるようになる。

Alibabaとビジネスしているパイロットカンパニーで、上海に拠点を持つLiuyou Pet Information Technology(遛友寵物信息科技)は、2月のローンチ以降15万人以上のユーザを獲得している。このスタートアップのアプリLiuliu(遛遛)はペットオーナー向けのソーシャルネットワークで、2ヶ月前にTaobaoに統合されたばかりだ。

ユーザはLiuliu上でしばしばペットケア商品の情報を交換したり、Baichuan統合のおかげで簡単に商品をTaobaoのお店から購入したりできる。同アプリで100以上のペットケアサプライヤーにアクセスし、購入及び配送の追跡ができる。

原文

【via Tech in Asia】 @TechinAsia

----------[AD]----------