フィンランドのスタートアップ・カンファレンスSlushが東京予選を開催、優勝チームのCapyはヘルシンキ本選へ

SHARE:
slush-tokyo-panorama
クリックして拡大。(写真提供:Boris Friedrich Milkowski, Goodpatch)

フィンランドのスタートアップ・カンファレンス Slush は3日、東京の Goodpatch オフィスで東京予選となるピッチイベントを開催した。数多くのスタートアップが集まったが、最終的に優勝の座を勝ち取ったのは、パズルを使った CAPTCHA 技術を提供する Capy だった。彼らは11月18〜19日、ヘルシンキで開催される Slush 2014 に参加する(ちなみに、この日程は TechCrunch Tokyo と重なるようだ)。

Capy は、デラウエア登記で東京に拠点を置くスタートアップで、既存の CAPTCHA を置き換えるセキュリティ技術を開発していた。彼らは最近、イスラエル・テルアビブで行われる Microsoft Ventures の第5回インキュベーション・バッチの11社の一つに採択された。なお、Capy は昨年の Slush 東京予選にも参加していた

<関連記事>

優勝した Capy 以外に、東京予選に参加したチームについて、ここで紹介しておきたい。

  • Yocondo
    商品の名称を指定しなくても、商品を探し出すことができる、セマンティック商品検索エンジン。例えば、「ガールフレンドへの贈り物」などのキーワードで商品を検索できる。
  • NaviiRosette Research によるプロジェクト)
    地図が読めない人にもナビゲーションができるプラットフォーム。実写画像に対し、進行方向を3次元表示でオーバーラップして表示することで、歩行者が迷わずに目的地にたどり着くことができる。
  • Anicool
    アニメ制作のためのクラウドファンディング・プラットフォーム。日中英韓仏の各言語で提供されており、クラウドファンディングに参加したユーザには、DVD やオンラインなどで制作物を視聴することができる。競合として、Anipipo など。
  • Mobingi
    3回のクリックで、Amazon Web Services 上のサーバを起動できる、クラウド環境自動構築ツール。
  • Matcha Latte Media
    日本文化を世界の消費者に届けることを目的とするスタートアップ。最初は、「ユノミアス」という通販マーケットプレイスを通して、成長している9兆円のグローバル茶業界に日本茶生産者へのアクセスを提供。
match-latte-media-at-slush-tokyo
Matcha Latte Media によるピッチ(写真提供:Boris Friedrich Milkowski, Goodpatch)
----------[AD]----------