手描きのスケッチから3Dデータに変換しプリンティングまでしてくれるサービスが登場

SHARE:


20141005_pango

3Dプリンターで作りたいものや出力したいものがあっても、3DCADのソフトウェアが使えないために何も出来ない人も多い。できればパソコンを使わずに手描きで描いたものをそのまま3Dプリントできないだろうか…そんな要望に答えるサービスが開発されている。

アメリカのTANGIBLE SOLUTIONSというベンチャー企業が開発する「Pango」は、手描きのスケッチやアイデアが3Dモデルになるというものだ。

スケッチが3Dプリンティングされるまでの手順はおおまかに以下の流れとなる。

1.「INVENTOR`s NOTEBOOK(発明者のノート)」にスケッチを描く

20141005_pango2

2.専用アプリで写真を撮影しアップロード

20141005_pango3

3.約1時間で画面上に3Dモデルが現れる

20141005_pango4

4.修正したい場合は連絡する

5.問題が無ければカラーなどを選択、3Dプリンティング

20141005pango05

6.プリントされたものが送られてくる

スケッチノートにカメラをかざすと3Dモデルが浮き上がるAR仕様で、画面を見ながら簡単に3Dモデルを確認できるようになっている。

3Dデータの変換や3Dプリンティングの精度がどの程度かはわからないが、2Dの手描きのスケッチから3Dに変換されプリンティングされるというプロジェクトは画期的だ。

現在Kickstarterでプロジェクトの支援者を募集中、目標金額は10万ドルを設定している。

----------[AD]----------