タイの化粧品ECスタートアップBuzzCommerce、GMO-PGと連携し現地向け複数決済システムを導入

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.10.28

saroop_featuredimage

※この記事は英語で書かれた記事を日本語訳したものです。英語版の記事はコチラから

タイ向けの化粧品Eコマース、メディアサイトを運営する BuzzCommerce(バズコマース)は今日、同社のメディアサイト「Saroop(サルップ)」上に GMO ペイメントゲートウェイ(GMO-PG、東証:3769)が提供する GMO-PG Global Payment を導入し、クレジットカード、銀行、コンビニ支払に対応したと発表した。

<関連記事>

Saroop は Facebook Likes 数39万人を超えるメディアで、ニュースや美容情報を提供、記事中で紹介された商品をそのまま購入できる。GMO-PG は今年6月、同社が出資するタイの現地決済プロセッサー 2C2P を経由して GMO-PG Global Payment の提供を開始しており、Saroop はこのサービスを導入することで、クレジットカードに加え、Bangkok BankKasikorn BankKrung Thai BankSiam Commercial BankThanachart BankUnited Overseas BankCIMB Thai BankBank of Ayutthaya の主要銀行8行のATMおよびオンラインバンキング、さらに、タイ国内のファミリーマートでの商品代金の決済が可能になる。

東南アジアにおいてはクレジットカードの普及率が著しく低いため、Eコマース企業にとってはこの点が足かせとなることが多いが、BuzzCommerce は GMO-PG Global Payment の導入により、この問題を克服し Saroop のサービスを拡大することができる。

BuzzCommerce はバンコクを拠点に2014年4月に設立されたスタートアップで、同5月には East Ventures から資金調達している。調達に関する詳細については、明らかにされていない。

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------