スマホから子供の健康と安全を常にチェックする「Sync Smartband」

SHARE:


10376281_409308805876431_7976831652513338807_n

子供にまつわる「危険」には様々なものがある。アレルギーを含む健康的な危険や、親の目の届かないところで遭遇する危険、場合によっては迷子になってしまうことも危険のひとつだろう。

10411042_404507136356598_1618087892694830203_n

そうした危険を少しでも減らそうと企画されたのが「Sync Smartband」だ。子供の手に時計のように装着して利用するこのバンドは、常にスマートフォンとBluetoothで通信することにより、様々な情報のやりとりができる。

20140708093155-DigitalZoneAd

ひとつは子供の位置情報の確認だ。最大8台までのバンドごとに自分との安全な距離「デジタルゾーン」を設定でき、その距離を離れてしまった場合にはスマートフォンへと警告が出る仕組みになっている。距離は屋内で約15m、屋外で約45mまで設定が可能だ。

20140708093550-LocateAd

もちろん子供が迷子になってしまった場合も、アプリを通じて得られるロケーション情報からその居場所を探しあてることが可能だ。

健康については、バンド内の活動量センサーが運動量と消費カロリーをモニターしてくれる他、レム睡眠パターンを記録してくれるとのこと。また、子供ごとのアレルギー情報や医療情報を登録することができ、それを共有することで、出先などでも子供に関する適切な情報を伝えることができるそうだ。

20140722004009-MySync

ここ数年のiOSとAndroidどちらにも対応、バンドのサイズは2〜10歳までのものと、それ以降(大人も利用可能)にわかれている。

ちなみにバッテリーに関してはボタン電池を使用しており、2〜3カ月ほど使えるそうだ。こういった製品の場合、バッテリーまわりの問題が便利さに大きく関わってくる気がする。バッテリー切れアラートは本体に備えられていたものの、スマートフォン側にアラートが出るかどうかは仕様からうかがえなかったところが気になった。

20140721112345-SyncSpecs

気になる価格だが、バンド1本あたり日本円で約15,000円ほどで、2015年春以降に出荷予定とのことだ。日本においてもこうした子供向け安全バンドなどが流行ったりするのだろうか。

Sync Smartband ™ – The First Safety Tracker from ActvContent on Vimeo.