T-MEDIAホールディングス、IMJらがスタートアップ支援プログラム「T-Venture Program」を始動

by Masaru IKEDA Masaru IKEDA on 2014.10.31

t-venture-program_featuredimage

TSUTAYA を展開するCCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)のネット事業中間持株会社 T-MEDIAホールディングスは今日、傘下のインターネット事業会社 IMJ とベンチャーキャピタルである IMJ Investment Partners と共同で説明会を開催し、スタートアップ育成支援プログラム「T-Venture Program」の開始を発表した。

このプログラムでは、CCC グループが持つ Tカード保有者 5,000万人の会員データベース、エンターテイメント商品のデータベース、Tカードのポイントを強みに、スタートアップにユーザ送客、ユーザ・エンゲージメントの強化のほか、T-SITE および T-SITE 傘下の各種サービスとのクロス・マーケティングの手段を提供する。CCC が運営する情報ポータル T-SITE とアカウント連携が行えるほか、必要に応じて、一社あたり最大1億円までの資金を IMJ Investment Partners が出資する。他のインキュベーション・プログラムとの差別化要素として、T-SITE  と事前に連携テストが実施できることを挙げている。なお、T-SITE のモバイルアプリが11月初旬にリリースされるとのことだ。

t-site-support-menu
T-Venture Program における、スタートアップ向け販促支援メニュー。

T-MEDIAホールディングスでは、このプログラムを通じて、同グループが既に保有しているエンターテイメント分野以外のサービス(例として、ペット、料理、健康美容、カメラ、キッズ、自転車など)を集め、スタートアップとの連携により、消費者に提供するサービス・ラインアップの充実を図りたい意向だ。また、募集対象となるスタートアップは設立から5年以内との条件はあるが、事業分野については消費者向けのサービスに限定しておらず、ツールや技術志向のプロジェクトも対象に含まれる。

応募は公式サイトで11月28日まで受け付けている。一次審査では概ね40社程度が選考され、12月に面談を含む二次審査を経て、プログラムへの参加が認められるスタートアップは10社程度まで絞り込まれる予定。ファイナリストは2015年1月20日、CCC 創業者で CEO の増田宗昭氏らを招いて、渋谷ヒカリエで開催されるイベントで披露される。

なお、11月には京都大阪や、福岡スタートアップカフェなどでも T-Venture Program の説明会を実施するとのことだ。地方に拠点を置くスタートアップは、これらの機会を活用して、T-Venture Program への理解を深めるとよいだろう。

t-venture-program-board
イベントで、起業家からの質問に答える T-Venture Program の運営メンバー。
(左から)T-MEDIAホールディングス代表取締役社長 櫻井徹氏、同取締役 根本浩史氏、同執行役員 坂田真我氏、IMJ Investment Partners 岡洋氏

ニュースレターの購読について

毎日掲載される記事の更新情報やイベントに関する情報をお届けします!

----------[AD]----------